本年も何卒宜しくお願い申し上げます!

元旦には名古屋より戻り、出演したNHKFMを聴き、

恒例の謡い初めに宝生能楽堂へ。


2017-01-01 11.50.28.jpg   2017-01-01 11.14.56.jpg


         2017-01-01 11.15.10.jpg 


  心身ともに、祓い浄められて、豊かに晴れやかになりました。感謝。


     本年が皆様とともに良い年であることを祈念申し上げます

ブログがご無沙汰になりまして、申し訳ございません!

この師走頃は過去最高に舞台に追われまして、

なんと1月に10曲、11番連続でした。

さすがに草臥れました。


実はまだ、大晦日に大イベントが名古屋東別院にございますが・・・


・12月3日京都  

昼間は金剛能楽堂にて曽和博朗師一周忌追善に居囃子「景清」など、

大江能楽堂に移り、新作能「オセロ」3回目にして能楽堂上演。

日本演劇学会共催で行われましたが、古い能楽堂にマッチしましたようです。

20161203 othero.jpg   2016-12-03 20.42.03.jpg
       撮影 藤原千沙



・10日は福井の新能楽堂で松平春嶽公記念として「昭君」

満席のお客様、しかも殆どが初めての能鑑賞とのこと

嬉しく有難い事でした!


2016-12-08 10.51.34.jpg  2016-12-09 16.07.19.jpg 





・14日は東京囃子科協議会公演 国立能楽堂で「舎利」

2017-01-19 18.35.50.jpg
撮影 新宮夕海 韋駄天 和久荘太郎




2016-12-14 17.18.25.jpg    2016-12-14 17.17.39.jpg

↑シテ6回目にして、やっとキレイに踏みつぶした?「舎利台」


終了後は「とこわかの会」の忘年会、大倉源次郎さん、和久荘太郎君も交えて。





・翌々日16日はまたも国立能楽堂で「船弁慶 後之出留之伝」

観世小次郎信光没後500年を記念して、小次郎作の代表作シリーズというテーマで。


20161216kokuritu.jpg    20161216kokuritu u.jpg



・18日は大阪能楽会館で「阪神宝生流学生連盟大会」

総監督と番外仕舞

2016-12-18 15.49.31.jpg

皆、凛々しく頑張ってくれました


・20日はNHKFMの収録。元旦放送です。

番囃子「東北」シテ宝生和英 ワキ辰巳満次郎


2016-12-20 10.26.52.jpg    2016-12-20 10.27.17.jpg


・23日は大阪で歳末助け合い能「みおつくしチャリティ能」

当流は石黒実都の「源氏供養」でした。

私は地頭を。


監修した「能の本」も順調に書店に平積みされはじめ、

続編の準備も・・・


あとは東別院と、掃除!!








26日の「無明怨炎 弐」は無事に終了いたしました。

満席のお客様をお迎えし、怪我もなく勤めることが出来ましたのも

皆さまのお蔭で様です。

心より感謝申し上げます。


今回はもっとも苦しく、しかし幸せな、長い1日でした。


道成寺小野院主さまの『道成寺縁起』絵解きに始まり、

長唄会最高峰の演奏であった杵屋勝国師と勝四郎さんを立三味線・立唄とする

『京鹿子娘道成寺』は長唄を普段お聴きにならない方が大半である能楽堂に於いて、

絶賛の拍手を頂戴しました。


同年の仲良しでもある、喜多流長島茂さんと大倉流小鼓の鵜澤洋太郎さんによる

一調「玉之段」は、引き算の中に能一曲を浮かび上がらせる手組が施され、

長唄と一味違った華やかさを出して下さいました。


仕舞『求塚』は宝生トップの高橋章師。

言うまでもなく、更にそぎ落とした中に逆に大きな表現の世界が拡がる

至高の舞でした。


能『道成寺』は、宝生宗家、笛方藤田宗家、大鼓方葛野宗家、太鼓方金春宗家をお迎えし、

シテ方・三役諸役に手練れの面々に囲まれての有難いメンバーで

上手く行かねば全て己の責任とも言える恵まれた環境。


4月の大阪に続き、己を甘やかさずに心身の極限まで攻めたいとの思いは

なんとか成し遂げることが出来ました。

25年前の初演時に比べれば体力は落ちたでしょうが、経験は積みました。

それを活かせねば、もう辞めた方が良いのですから・・・


道成寺に限らず、能役者は身体の衰えを増しつつ、

さらに困難になる重役を重ねていく運命を持ちます。

しかも、毎回命がけの思いを持ちつつ、でも倒れてはいけないのです。

長持ちもせなば、ならないのです。


ちょうど今、自身がその入り口にさしかかる頃かも知れません。


しかし、いつまでも諦めずに上を目指さねばならないのだと思います。

明日には今日より、少しでもマシな舞台を勤めたいと思い続けねば。


そして、それをさせて頂くことに感謝を忘れないように肝に銘じます。


今後とも宜しくお願い申し上げます。


    mastu mumyo ennen.jpg
       松と蛇身のすり抜けた竹 熊野寿哉氏


sakura mumyo ennen.jpg
      道成寺境内は「花のほかには松ばかり」 
         「花月夜」 中野大輔氏      


     emaki 1.jpg
            道成寺縁起 上巻


     emaki 2.jpg
            道成寺縁起 下巻



eboshi tbashi.jpg
         


ranbyoshi.jpg


hikiage.jpg


hidakagawa tobiiri.jpg

9月15日の淀川枚方での「千人の月見の宴」

10月13日の沼津御用邸での「栗名月の宴」

10月14日・15日の熱海サンビーチに於ける「海と月の能」など

ことごとく名月に恵まれて、幸せな舞台を月下に勤めることが出来ました。


天に、人に感謝申し上げます。


そして能繁期は益々激しさを増しております。


自身の主宰会の35周年記念を東京で2日間、

京阪神でも大会、羽衣学園鑑賞会で能「天鼓」、

七宝会立冬公演で「絵馬」を2回公演、


そして

20日名古屋宝生会60周年記念能「安宅」

26日東京満会「道成寺」


来月も12月3日京都大江能楽堂「オセロ」

10日福井能楽堂「昭君」(完売)

14日東京囃子科協議会「舎利」

16日国立能楽堂定例「船弁慶」後出留伝

と続きます。


是非宜しくお願い申し上げます!


ataka.jpg


mumyouennen 2.jpg



リレー公演終了の週末には名古屋でワークショップ「鳴るは滝の水」、

能・クラシックピアノ・コンピューター音楽の融合にも満席のお客様、

まことに有難うございました。

翌日は小田原城で薪能、残念ながら雨天でホール内、

宗家の曾我五郎、私の十郎で「夜討曽我」。

北条家と所縁の宝生流ですが、なんと400年ぶりに宝生が彼の地で舞えたとここと!

有難うございました。


そして翌々日からコーカサスのジョージア(旧グルジア)国とアルメニア国へ公演渡航。

藤井雅之氏を団長とする小グループ。


お恥ずかしくも、両国に対する知識が薄く、調べれば調べるほど、

行ってみていよいよ歴史ある素晴らしい国であることが解りました。


ジョージアはなんとワインの発祥地で8,000年前から作っているとか。

瓶に入れて土中に埋め、発行させるスタイル、3回繰り返して完成すのだとか。

瓶の先が尖っていて、オリを貯めるのだそうです。

クレオパトラも飲んだとか、「クワンチカラ」はセミスイートながら、

歴史を思えば感動の味。決して弱くはありませんでした。


そして古いキリスト教国家。ムツヘタの村は教会ともに村ごと世界遺産指定。

キリスト聖遺物の上着がありました。

日本大使はとても気さくな方で我々を厚くオモテナシいただきました。


2016-09-22 15.24.12.jpg    2016-09-22 16.30.19.jpg


まずはテレビ生出演。

2016-09-23 12.32.28.jpg       2016-09-23 08.38.12.jpg


ジョージア公演は本公演2回。大使公邸での舞いも含めて4つのステージでした。

2016-09-24 14.15.57.jpg    2016-09-24 15.56.09.jpg


2016-09-25 11.17.28.jpg    2016-09-25 11.18.13.jpg


 2016-09-25 11.46.31.jpg     2016-09-25 11.46.45 HDR.jpg






9月15日の淀川河川敷枚方地区での

第2回「千人の月見の宴」も、昨年に引き続き毎日雨の予報でしたが

見事に晴れて月も出ました。

関係者の強い祈りが届いたのでしょう。


氏神より御神火を頂き火入し、神職に祝詞を奏上していただき、

修祓、浄めの儀、能がスタート、

世界初 強化ダンボールでの舞台でした。


天鼓は月下の元に喜び舞い、鼓を打ち

その後、アルゼンチンタンゴ「ラストタンゴ」のしみじみとした情感溢れる演奏は

酒を頂きながら・・・


昔の中秋は、ジャンルは違えども、このような川辺の遊びがあった事でしょう。

月を気持ちよく拝する夜でした。



2016-09-15 16.23.52.jpg    2016-09-15 16.23.45.jpgのサムネール画像


2016-09-15 20.17.26.jpg    2016-09-15 20.40.22.jpg



     2016-09-22 05.28.33.jpg 
           (「転載ご遠慮くださいませ)

  


     2016-09-22 05.29.41.jpg
           (転載ご遠慮くださいませ)
史上初の複数流儀による複数能楽堂でのリレー公演は

お蔭様で盛況のうちに終了しました。

外国のお客様も普段よりは多く来てくださいました。

初心者、国内外の旅行者のお客様を今後も増やして行きたいと存じます。

ヤフーニュースにも出ましたが、以下のサイトに最終日に受けたインタビュー記事が出ております。

リレー公演について色々語らしていただいております。



9月9日の重陽公演、

御めでたい節句では御座いますが、「鬼物語」といたしました。

第1部 16時開演

仕舞 「枕慈童」 和久荘太郎  「山 姥」 広島克栄

狂言小舞「」善竹忠一郎

解説落語「鬼物語 壱」 桂 吉坊

能「紅葉狩」澤田 宏司、 福王 知登ほか


第2部

仕舞「枕慈道」 澤田 宏司  「山 姥」 辰巳満次郎

狂言小舞「 」 善竹忠重

解説落語「鬼物語 弐」 桂 吉坊

能「土 蜘」 シテ辰巳大二郎   頼光 山内 崇生  獨武者 福王 和幸 ほか


初心者からマニアの方々まで、お楽しみください!


2016-09-01 10.35.41.jpg  

お蔭様で楽劇「保元物語」の舞台は大成功、お客様にもご好評を賜りました。

全関係者の努力の賜物かと存じます。

全ての関係者が心身ともに相当な苦心をしました。

よくぞゲネ含み1日3回も皆が頑張ってくれたものです。


私も最後には足の裏がつる程になったのは初体験であります。


崇徳の不幸は色々あったようですが、やはり美福門院に憎まれたことが

大きな切っ掛けとなったと思います。

そして、その美福がモデルと言われれるのが殺生石の「玉藻の前」

天竺、中国、日本と殿上人を惑わし世を乱した・・・


そして27日には偶然、岩村城址で殺生石を勤めます。

不思議な御縁です。

玉藻の前は終には善心となります。

玄翁上人曰く、

余りの悪念はかえって善心となるべし、と。


保元物語では最後に崇徳が

「人間のこの世にあらん限り 罪業尽くることなし

罪業尽くることなくば 魔縁の怖れもまた 永劫なり」

と言い置き、白峰の陵に静かに消え失せます。


悪を起こすものは何か、何故悪を働くようになったのか、

それを大昔から追及するのが能であった筈です。


世の中にある事件は益々悲惨になります。

しかし、なぜそれが起こったか、何がその者をそうさせたかを

能のように追求しなければ、世は棲みにくくなるばかりかと思われます。




2016-08-13 16.15.02.jpg


暑中お見舞いが、これほど真剣に申し上げねばならないのは

生れて初めてであります。

危険な暑さ、という表現が為されたのも初耳です。

どうか、御大事になさってくださいませ。


エルサレムのガイドが教えてくれたのですが、

「喉が渇いたと思ったら、すでに脱水症状です。定期的に喉をしめらして下さい。」

という話しですので、是非水分はお手元に。


さて、そんな中、脳ミソが溶けそうになりながら

能オペラの演出工夫と主演稽古、出演者の指導稽古を

他の仕事も抱えながらイヨイヨ火が導火線に点いたようです・・・


お盆明け17日、その日しか空いていなかったらしい京都アルティホール、

前回は源氏物語千年紀新作能「六条」の演出・主演をさせていただいた、

その折も同じ主催者です。


夏休みでお疲れ、暑くてお疲れ、お出掛けしすぎてお疲れ?

のところ恐縮ですが、京都御所の向かいで、崇徳天皇怨霊譚、

エアコンに加えてさぞや涼しくなることかと存じます。


私共はゲネプロ含め1日3回本番通り致しますですが・・・暑い熱い。

崇徳のお詣りに白峰神宮も参りました。


お待ち申し上げます。

2016-08-14 10.32.36.jpg


2016-08-13 17.02.09 HDR.jpg


2016-08-13 16.58.57.jpg


hougen omote.jpg     hougen ura kyoto.jpg